WordPressとconcrete5の構造の違い

階層構造を作る

 concrete5のサイトに更新しました。

まだ、WordPressの移植の名残から、不要なクラスや情報が残っていそうです。
記事ブロックエディタの スタイルシートも最適化しないと少し 少し使い にくいです。
今後のテンプレートを最適化する時のための宿題ということにさせてください。

 さて、今回CMS(コンテンツ管理システム)に関しては、特徴がそれぞれあると言うのを幾度となく記載しました。

 その理由が「階層構造」に関することです。

concrete5を知らないとき、あるWordPressの参考資料(といっても有名な書籍です)から、
「カスタム投稿」「カスタム分類」機能による階層化の方法を学び、実際に実装してみました。

当マインドハーツのサイトで言うと、「お知らせ」にあたります。
これは、さらに「新着情報」「リリース情報」のサブカテゴリーがあります。
構造は以下です。

また、サイトの構造上、「お知らせ」をクリックすると、「新着情報」「リリース情報」サブカテゴリーに関係なく、時系列に[項目]を表示する仕様になっています。会社のコーポレートサイトでありがちですね。

結果的に、ある程度コードを書いて、その機能は実現できています。
もっと技術やプラグインをご存知の方なら、きちんと実装できるのでしょう(事実そんなプラグンを発見しました)が、実は困ったことが起こります。

それは、URLの階層構造です。

よくSEO的にどうなの?

とかいわれますが、人なら気にならないことでも、ロボットなり、AIだと正当に評価するから気になるかもですね。

お知らせ
 ・新着情報
   項目1
   項目2
   項目3
 ・リリース情報
   項目4
   項目5

とあったとします。
http://mindhearts.com/information/

WordPressを熟知されたかたなら、同様の階層構造を作ることはできるんでしょうが、
私は、そこまで残念ながらできませんでした。というか、おかしいとは思っても、
それが、どれだけSEO的に影響するのかがわからないからです。
リンク的には、問題なく機能しているし、参考資料でも同様の構造になっていたからです。
具体的には、

お知らせ(WordPress)
http://mindhearts.com/information/
お知らせ(concrete5)
http://mindhearts.com/information/

これはいいですよね。固定ページで作るので。

新着情報(WordPress)
http://mindhearts.com/news/whatsup/

新着情報(concrete5)
http://mindhearts.com/information/whatsup/

リリース情報(WordPress)
http://mindhearts.com/news/release/

リリース情報(concrete5)
http://mindhearts.com/information/release/

リリース情報→サイトをリニューアルしました!(WordPress)
http://mindhearts.com/info/renewal20141122/
トップページ > お知らせ > リリース情報 > サイトをリニューアルしました!

リリース情報→サイトをリニューアルしました!(concrete5)
http://mindhearts.com/information/release/renewal20141122/
トップページ > お知らせ > リリース情報 > サイトをリニューアルしました!

あれ、でしょ? パン屑ナビや、構造は見かけ上どちらも同じなんですが、階層が ・・・
urlの表示ながなんだかおかしい。
そりゃプラグインで作れば、問題なく、同じurlを出力できるのかもです。(ごめんなさい。未実装です)

※もともと、固定ページとカスタム分類を同じハンドルのinformationにしてたのですが、ページナビが機能しなくなったので、カスタム分類は、informationinfo に変更しました。

これはそもそも仕様の違いです。

 WordPressの本来の機能である、ブログ機能では、
カテゴリーや分類を使えばできそうですが、これができない。
よく考えると、カテゴリーや、分類分けで、情報(コンテンツね)を「時系列」に保存します。
そりゃそうですね。ブログなんだから。

新しい記事が最初にきて、古い記事を後に持ってくる。
それだけでことが足ります。

記事を書く時も、カテゴリーや、分類を選ぶだけ。後は投稿するだけです。
そして、お好みでタグクラウドを追加してできあがり。
これでブログとしては、完了です。
わかりやすいですね。

 他方、これに「階層構造」を取ろうとすると、記事(投稿ね)を一つの管理基準とする
WordPressにはとたんに敷居が上がります。潤沢なプラグインを有するので、実現可能な、
プラグインは、当然あるはずです。ざっと検索しましたが、カスタム投稿の階層化のみです。
(すみません、あると思いますが、検索しきれていません。ご存知のかた教えてください。)

ちょうど、前述の「お知らせ」ー「新着情報」、「お知らせ」ー「リリース情報」ですね。
これが、「カスタム投稿」「カスタム分類」の機能です。

基本「時系列」が原則で、あとの並びは、アルファベット等、ある検索順序になります。
通常のサイト部分なら、直接順番にリンクを出すなりして、調整できますが、いちいち、細かいカスタマイズができない、サイトマップ(もともと、標準の機能ではなく、プラグインで実現しています)だと、デフォルトの並びになってしまっています。(スラッグや投稿IDは、内部管理や、URLを出力するためのハンドル名)を見るとお分かりのように、

リリース情報(WordPress)
http://mindhearts.com/news/release/
新着情報(WordPress)
http://mindhearts.com/news/whatsup/

のようにサイトマップでは並びます。
こんな感じ。

お知らせ
 ・リリース情報
 ・新着情報

本来は、

お知らせ
 ・新着情報
 ・リリース情報

 理由はお察しの通り、アルファベット順だからです。このスラッグをうまくアルファベット順と、
並べたい順をあわすか、もっと詳細設定できる、サイトマップのプラグインを使うかです。
結局完璧にこだわると、膨大なお手間が必要となります。できないことはないし、頻繁に変更がない、コーポレートサイト(会社のホームページ)なら、いいかもです。
しなしながら、サイトマップを小細工しても、そもそもの目的である、検索エンジン対応はできるのでしょうか?

ということです。ある意味そこにこだわってもしかたがないかもです。

当、マインドハーツのWordPress版の時は、サイトマップは詳細カスタマイズはしませんでした。
なので、

お知らせ
 ・リリース情報
 ・新着情報

のように表示されます。


 他方、concrete5は、元々ニュースサイト運用など、大規模サイト運用のために作られていますので、階層構造が基本となっています。管理画面のサイトマップを見ていただくとわかりやすいかと思います。

ただし、管理する単位は、WordPressが「投稿」なのに対して、concrete5は「ページ」となります。

ページは、「ブロック」と呼ばれる機能の単位を積み上げることで、作成されます。
(これが、concrete5の名前の由来だそうです)

concrete5(5633ja)SiteMap.jpg
(参考:マインドハーツサイト構造)

と階層構造になっているのがわかります。
数字で、親子を設定するのではなく、単にドラック&ドロップしてページ
を好きな配置にできます。並びは、好きにできますし、「お知らせ」のように、新しいものから表示することもできますし、
サイトマップ(標準機能です)の並び通りにも、表示が可能です。

これが、いいとか悪いとかでなく、WordPress, concrete5とも、あくまでツールなので、
用途に応じて使い分けるのが、いいかと思います。

「WordPressとconcrete5の構造の違い」への0件のフィードバック

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。