DesignerContent(オリジナル)ブロックのインストール

●DesignerContent(デザイナーコンテント)で作成した、ブロックを他のconcrete5のブロックに追加する (concrete5 5.6.3.3.ja)

 ※パッケージを使ってインストールできるようにするほうがよいかもです。
  (理由は、そのテーマでしか使わなかったりするためです。そうするとカスタムテンプレートも含むほうがいいですね)

 例)ここでは、『画像切替ブロック』を他のconcrete5(5.6.3.3.ja)へインストールする方法とします。 PCサイトとスマホ(スマートフォン)サイトの画像を切り替える方法(3)(4)(5)で作成&変更したブロック

 [1]DesignerContentでダウンロードしていた「select_image_by_agent」フォルダを
  インストールしたいconcrete5の/blocksフォルダへアップロードします。


 [2]ブロックタイプからインストール待ちのブロックのインストールを押す。
  「管理画面 → (スタックとブロック) → ブロックタイプ → (画像切替(ByAgent)) → インストール」

org_block_inst1.jpg


ブロックタイプがインストールされました。
org_block_inst2.jpg


 [3]画像切替(ByAgent)ブロックが追加されたことを確認する。

org_block_inst3.jpg

 [4](補足)DesignerContent(オリジナル)ブロックのアンインストール
  (注意)念のため、データベースのバックアップを取得しておいてください。
   「管理画面 → システムと設定 → (バックアップとリストア) → データベースをバックアップ」にて「DBバックアップを実行」を押す

   ※使用中のブロック(履歴含む)の場合でも削除されます。

block_delete1.jpg

「削除」ボタンを押すと、以下のダイアログでますので、「OK」を押してください。
block_delete1_alert.jpg

   ※btDCSelectImageByAgentテーブルは削除されません。
   手動で削除する必要があります。

   (手順)MySQLのデータベース管理画面から、該当データベースを選びSQLで、
       drop table btDCSelectImageByAgent
       として、削除してください。

   ※アンインストールが完了すると、上記手順[2]のインストール待ちの状態に戻ります。

block_delete2.jpg

   ※最後に、アップロードしていた、「select_image_by_agent」フォルダを/blocksから削除してください。

「DesignerContent(オリジナル)ブロックのインストール」への0件のフィードバック

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。