concrete5.7(関連)

「一括SEOアップデーター」と検索エンジンの挙動

 concrete5日本語公式サイトのフォーラムに気になる投稿を見つけました。

(2015/09/19時点)
(concrete5.7.5.2)

 5.7系の情報として、記載しておきます。


一括SEOアップデーターについて
http://concrete5-japan.org/community/forums/5-7-x/post-11309/#msg11669

katz515さんの投稿として、以下引用ここから
-----------------------------------
Re: 一括SEOアップデーターについて
2015年9月17日 at 22:46
お世話になります。

先週の土曜日にリリースされた 5.7.5.2 で、一括SEOアップデータでも、トップページの情報が編集できるようになりました。

ただ、 Google が無視していることもあるのですが Meta Keyword は、SEO 一括アップデータの項目から外れましたので、お気をつけ下さい。
-----------------------------------
引用ここまで。

concrete5.7.5.1のインストール(さくらスタンダード)

(2015/08/18時点)

※2015/08/17にconcrete5.7.5.1がリリースされました。

concrete5.7.5 リリースされました
http://concrete5-japan.org/news/concrete5-7-5-1/

 当マインドハーツも、お客様へのサービスに向け、構築方法の確認を開始しました。

★インストールは、要件とインストールするホスティングサービスによって大きく(でもないか)変わってきます。

詳しくは、concrete5公式日本語サイトの5.7系をご参照ください。

(2015/05/26時点)

基本設定とインストール
http://concrete5-japan.org/help/5-7/developer/installation/basic-setup-and-installation/

さくらインターネット インストールガイド
http://concrete5-japan.org/help/5-7/developer/installation/hosting/sakura/

 ※基本、上記のリンクを参照にしてください。

 ※ここでは、「さくらスタンダード」での(実際確認した)インストール方法を簡単に記載しておきます。


 独自ドメイン、サブドメインを使うかで多少変わりますが、基本付属ツールの「ファイルマネージャー」を 利用されることをおすすめします。(※コマンドでも出来ますが、安全性を考慮のため)

1)concrete5.7.5.1は、圧縮分でもファイルサイズが大きいため、前述のファイルマネージャーでは、アップロードできません。なので、一度ダウンロード(http://concrete5-japan.org/about/download/)してから、ftpツール等で、インストールするフォルダへアップロードしてください。

2)「ファイルマネージャー」でファイルを解凍して、出来たフォルダ名を変更するか、フォルダ内のファイル全てを、1階層上に移動して、不要フォルダは削除しておきます。

3)データベースを新規に、適当な名前で作成します。
  concrete5は空のデータベースを必要とします。WordPressみたく、プレフィックス(テーブルの前につける接頭語 例:test_)をつけてのインストールはできません。

4)サイトにアクセスして、言語(日本語)を選択してします。
  インストール適用条件で、全てに緑チェックが入っていることを確認して(入っていないと問題解決しないと次にすすめません)、サイト名、パスワード、管理用メルアド、データベース接続の必要情報を入力します。

5)インストールを開始すると、問題なければ、1分程度で、インストールが完成します。
  (※サンプルがわかりやすいように、「完全」でインストールします。)

6)完了すると、サイトにログインします。まず確認したいのは、「システムと設定」 → 「URLとリダイレクト」にて、「URLから index.php を除く」にまず、チェックをいれて、問題がなく、サイトが表示できれば、カノニカルURLを入れてください。独自ドメインのサブフォルダなら、

(例)http://sample.com/test

※「SSL URL」 はここでは設定しません。

URLリダイレクト

「カノニカルURLでのみ表示します。」にチェックを入れて保存します。

7)データベースバックアップについて、まだ、未対応(2015/08/18時点)なため、phpMyAdmin等のツール&コマンドでバックアップ(厳密にはエキスポート)します。
  ※方法はすみません割愛しています。