concrete5 5.6から5.7へ移行するツール公開中

2015年11月19日

『concrete5 5.6から5.7へ移行するツール』がconcrete5開発元から、リリースされています。

5.6 から 5.7 への移行ツール
http://concrete5-japan.org/community/forums/development/post-12066/

 通常メジャーなバージョンアップではどうしても、互換性と言うものが犠牲となることがあります。
そうしないと、新しい技術や仕様を追加したり、再構築できないからある意味致し方ないことだと思います。
勝手な推測ですみませんが、5.7系がリリースされて(2014年9月12日/バージョン5.7.0.1)
告知の1年をすでに経過しています。
そろそろ、5.6系のサポートが終わりにさしかかってきたのかもしれませんね。
(当サイトは、まだ、5.6系のままですが・・・)

http://concrete5-japan.org/about/download/
『バージョン5.6系は、レガシーな安定版です。バージョン5.7のリリース後、最低1年以上メンテナンスされることが告知されています。』

 5.7系も要は『なれ』です。
テーマのカスタマイズも多少やり方は違うものの基本は同じかと思います。
(とはいうもののまだ、情報を公開できていなくてすみません。)

最初から5.7系を利用されているユーザー様では、特に問題はないか(たぶん)と思います。

しかし、唯一困るのが、バックアップがまだ実装されていないことです。
データベースをバックアップするツール(phpMyAdmin)があるので特に問題はないのですが、
まだ実装できない理由があるのでしょうね。(5.6系では普通に使っているので、少し不便なのです)

 開発元でもやはり、旧バージョンをいつまでもメンテできないので、
ユーザーで、コンテンツデータが移行できれば、それだけ早く移行が進むのでは?
と考えられてもおかしくはありません。

だからこそこういった移行ツールができて来たといっても言い過ぎではないと思います。
ある程度移行の精度が上がると助かります。

なので、使ってみて、不具合等を確認していきたいです。